習志野市茜浜女性殺害事件

2013年06月24日月曜日

習志野市茜浜女性殺害事件(ならしのしあかねはまじょせいさつがいじけん)とは、2013年(平成25年)6月23日夜に千葉県習志野市の遊歩道脇で発生した殺人事件。
千葉県警による正式な呼称は千葉県習志野市茜浜一丁目における女性殺人事件。
2014年2月26日から2016年2月25日まで警察庁捜査特別報奨金(公的懸賞金)対象事件に指定されていた。


概要
2013年6月24日午前10時40分頃、千葉県道千葉船橋海浜線遊歩道脇の緑地帯内において、1人の女性が倒れているのを清掃員が発見し110番通報した。
被害者の首には圧迫された痕があり、激しく争った形跡もあることから千葉県警習志野警察署は殺人事件と断定、同署に捜査本部を設置した。
その後の調べで、被害者は近隣のマンションに住む47歳の女性派遣会社員であることが分かった。
女性は遺体発見前日の23日午後10時から船橋市高瀬町の食品加工工場で勤務する予定であったが、無断欠勤していたため同僚が携帯電話に電話したものの連絡はとれなかった。
また、女性は23日正午には自宅マンションの行事に参加していた。その為、マンションを出て出勤予定の工場に向かう途中で何者かに襲われて殺害されたものと見られた。

捜査
現場には被害者の所持品が散乱しており、すぐ近くに投げ捨てられていた財布からは小銭も含めて全ての現金が抜き取られていたため、警察は被害者と面識の無い人物による金銭目的の“流し”の犯行との見方で捜査を進めていた。
しかしながら現場は人通りが少ない遊歩道であり、街灯などは無かった上に草木が生い茂っていて見通しも悪く、更に事件の発生時間帯が夜であったため有力な目撃情報に乏しく捜査は難航していた。
2014年2月26日には警察庁が設ける捜査特別報奨金制度の対象事件に指定され、事件解決に繋がる情報を提供した者には300万円の懸賞金が支払われることとなったが、その後も事件解決の手掛かりとなる情報は寄せられなかった。

容疑者の逮捕
事件発生から3年近くが経過した2016年3月3日、捜査本部は別の窃盗事件で府中刑務所に服役していた50歳の中国籍の男が本事件に関与した可能性が高まったとして、男の出所当日に殺人容疑で逮捕した。
県警によると周辺の防犯カメラの画像の解析や遺留物の分析などを続けてきた結果、この男が浮上。
また、被害者の体に付着していた微量のDNA型が男のDNAと一致したため、逮捕に踏み切った。
男は事件当時現場近隣に住んでいたが、事件後に転居していた。
男と被害者の女性との間に面識は無かった。
前述の通り財布から現金が盗まれていたため、捜査本部は強盗の容疑でも男を追及している。
事件解決までには延べ5万6千人の捜査員が投入されていた。
3月24日、中国籍の男を処分保留で釈放するとともに、在留資格が切れているとして身柄を東京入国管理局に引き渡した(中国に退去強制)。
千葉地検は処分保留とした理由について「起訴に至るまでの証拠が集まらなかった」としており、6月には嫌疑不十分で不起訴処分となった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました