堺市母娘殺傷事件

2000年代
2006年01月10日火曜日

堺市母娘殺傷事件(さかいしおやこさっしょうじけん)とは、2006年1月10日に大阪府堺市で発生した事件。
被疑者は逮捕されておらず、現在も未解決となっている。


概要
2006年1月10日の午後2時頃、大阪府堺市の弁理士の家で玄関のベルが鳴り、最初に応対に出た弁理士の妻(当時51歳)が男に刺された。
トイレで悲鳴を聞き玄関に出て行った次女(当時22歳)が玄関のドアを開けた際、外にいた男にいきなり切りつけられ、トイレに逃げ込んだ。
その後外の物音がしなくなったことを確認し次女が外を確認すると、玄関に血まみれで倒れている母親を発見した。
母親は死亡し、次女が重傷を負った。
母親の遺体から約10m離れた場所に、凶器とみられる血のついた包丁が落ちていた。
玄関から室内、窓を通って庭先を1周するように血の跡が続いており、男が室内を通った可能性がある。
次女の目撃証言があり、現場には犯人の短パン(灰色の地にコンバースのロゴ入り)が残されている。
犯人を目撃した次女によると「犯人は知らない男だった」と答えている。
捜査機関は怨恨と通り魔の両面から捜査をしているが犯人は特定できていない。
2007年5月に捜査特別報奨金制度に指定された。
しかし、その後も捜査の進展はなく、手掛かりすら得られていない状況が続いている。
犯人
次女の目撃証言などによると、犯人は以下の通り。
年齢は推定20歳〜30歳代。
身長は170センチメートルくらい。
体格は痩せ型。
色白でひげが濃く、頬がこけている。
堺市西区神野町(こうのちょう)における母娘殺傷事件情報提供のお願い

コメント

タイトルとURLをコピーしました