愛知豊明母子4人殺人放火事件

2000年代
2004年09月09日木曜日

愛知豊明母子4人殺人放火事件(あいちとよあけぼしよにんさつじんほうかじけん)とは、2004年9月に愛知県豊明市で発生した殺人放火事件。被疑者は逮捕されておらず、未解決事件となっている。


概要​
2004年9月9日の未明、愛知県豊明市沓掛町の民家に何者かが侵入して母子4人を殺害後、建物に放火した。殺害されたのは母親(当時38歳)、長男(同15歳)、長女(同13歳)、次男(同9歳)。父親は仕事のため家におらず、無事だった。
また、父親が前日の午後11時頃に母親へ残業の電話をした際には、被害者宅に異変はなかった。
午前4時25分頃、近隣の住人から119番通報があった(出火は午前4時すぎと思われる)。
当初は事件性のない民家火災と思われたが、室内の灯油を撒いた跡や遺体にも損傷の痕跡があったことなどから、愛知県警察はすぐさま殺人放火事件の捜査に切り替え、特別捜査本部が設置された。
犯人の侵入経路は正確には分かっていない。
玄関や勝手口(台所および風呂場前の通路に繋がる)の他、1階の窓は全て鍵が閉まっており(高熱で変形し確認できない窓もある)、唯一2階の長男の部屋の窓は網戸だったことから入ることは可能だったが、2階に上るための梯子をかけた跡など犯人の侵入した形跡は見つからなかった。
車庫内の所定の場所(物置)に勝手口の鍵が隠されていた(仕事で帰宅時間が遅くなるため、父親が母親にメールで置くよう頼んだもの)が、この鍵は同場所から発見されており、犯人が入出時に使用したか不明である。
被害者宅では犬を飼っていたが、事件発生時に「犬の吠える声」は近隣住人に聞かれていない(普段はよく吠えていた)。
また、首輪も外されており、火災時には被害者宅の車の下に隠れ生存している。
灯油の撒かれた跡は遺体周辺の他、被害者宅の広範囲に及ぶが、一方で被害者宅には灯油が元々なかったとされており、犯人が持ち込んだものとみられている。
被害者宅から散乱したマッチの燃えかすや灯油が染みこんだ新聞紙も発見されており、火をつけて逃走し逃げる時間を稼いだ可能性も考えられる。
また、被害者宅周辺(庭や犯人が逃走したと思われる道路など)からは犯人の血液反応が出ておらず、殺害時に返り血を浴びた犯人が着ていた衣類なども現場で一緒に焼却した可能性がある。
その他、犯人の遺留品などは見つかっていない。
犯人が貴金属類や預金通帳などに触れた形跡はない。また、被害者宅から見つかった財布には現金が入っていなかったが、犯人により抜き取られたかは不明である。
被害者宅から燃え残った現金が発見されたという報道もある。
被害者宅周辺は住宅街ではあったが、事件当時は街灯が少なく夜は比較的暗かった。
遺体の状況​
被害者の性別によって殺害方法が異なっていた。母親と長女は刃渡り約20センチのサバイバルナイフで顔や背中など十か所以上を執拗に刺されたことによる出血性および外傷性ショック死とみられる。
刺創幅は3センチ程だが、母親は一部が肺に到達している深い傷もあり、長女は刺されたときの強い衝撃で肋骨が折れていた。
刃こぼれの形跡はない。
長男と次男には刺し傷がなく、金属製(バールなど)の鈍器のようなもので殴られたことによる頭部の損傷(数センチほどの陥没骨折あり)が確認され、それぞれ急性クモ膜下出血、脳挫傷が死因となっている。
何度も殴られた痕跡はない。
被害者の遺体には抵抗した痕跡(防御傷など)がなく、寝ているときに襲われた可能性が高い。
肺に溜まった煤の状況から4人は放火後もある程度生きていた可能性がある。
また、同じく煤の状況から次男・母親・長女・長男の順に死亡したと考えられるが、上記殺害行為がこの順序で行われたかは不明である。
午前4時頃、女性の悲鳴が近隣住人に聞かれたとする報道もある。犯行は30分ほどと比較的短時間で行われたものと思われる。
この他、2階で発見された母親・長男・長女の遺体には発見時、布団がかけられていた(次男の遺体は1階の居間で発見されている)。

不審者等の情報​

2003年(平成15年)7月下旬の午後8時半頃に、何者かが被害者宅の玄関のドアを「ガチャガチャ」と無理やり開けようとしている。
また、2004年(平成16年)に入ってからは被害者宅方を見る不審者も目撃されており、施錠などに気を配り一家の防犯意識は高まっていた。
消火作業をしていた地元の消防団員が、現場付近で不審なワゴン車(トヨタ・ハイエースのスーパーGL、緑色、尾張小牧ナンバー)を目撃している。
30 – 40代の男が運転していたという。
出火時刻より少し前の午前3時40分頃、被害者宅付近(約200m)の脇道から県道に出てきた軽乗用車(青っぽい車体、尾張小牧ナンバー)が目撃されている。
なお、事件のあった豊明市は「名古屋ナンバー」の区域である。
その他
2005年(平成17年)3月11日、残された遺族である父親(=被害者の夫)が本事件とは関係のない勤務先の会社絡みでの詐欺容疑で逮捕されているが、「捜査の過程で”家族が殺された事件”についての取り調べも受けた」と後に開かれた会見においてこの父親自身が語っている。
また、強引な取り調べをする警察の手法や家族の事件にまで関与しているかのように報じた一部マスコミに対して強い不満を表明している。
なお、これまで行われた警察の捜査によっても本事件との関わりは否定されている。
豊明市沓掛町地内母子4名被害殺人・現住建造物等放火事件情報提供のお願い

コメント

タイトルとURLをコピーしました