王将社長射殺事件

2010年代
2013年12月19日木曜日
王将社長射殺事件(おうしょうしゃちょうしゃさつじけん)は、2013年(平成25年)12月19日に王将フードサービスで当時社長であった大東隆行が射殺された未解決事件である。

概要
2013年(平成25年)12月19日早朝、京都市山科区の王将本社前にて、大東社長が心肺停止の状態で乗用車の横で倒れているところを通報され、病院へ搬送されたものの死亡が確認された。
この日、午前5時半頃に大東社長は自宅から自家用車を自分で運転し出勤。午前5時45分頃に駐車場に車を停め降りたところを、待ち伏せていた犯人に撃たれたとみられる。
犯行に使われたのは小型の25口径の自動式拳銃で、至近距離から4発の銃弾が撃たれ、そのすべてが急所に命中していた。
同日の山科区内の小学校12校では、教師や保護者の同伴による集団下校が実施された。
また、京都市内や一部の市町村の学校でも、怪しい人物に注意する旨の文面が配布された。
同年12月22日には大東社長の自宅で通夜が行われ、遺族や会社関係者など約30人が集まり、冥福を祈った。
2014年(平成26年)5月、王将フードサービスは大東社長への追悼の意を示す「追悼餃子」として事件後に約2000万人が来店したことと、常連客により焼きたて餃子の写真をネット上でシェアする動きが広がったことを明かしたほか、後任社長の渡邊直人は「つらい時にたくさんのご支援を頂いた。お礼を申し上げたい」と語った。
同年6月、犯人が逃走にバイクを使用した可能性が強まったほか、捜査本部などへの情報提供は300件を超えたが、犯人に結びつく有力情報は得られていない。
2015年(平成27年)12月、事件現場の近くで発見された遺留品から検出されたDNA型が九州の暴力団組員のものと一致したため、警察は九州方面を集中捜査したが、犯人特定には至っていない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました