草加事件

1985年07月19日金曜日

草加事件(そうかじけん)とは、1985年7月19日に埼玉県草加市の残土置き場で同県八潮市在住の中学3年女子生徒の絞殺体が発見され、その容疑者として草加市在住の13〜15歳の少年5人が逮捕、1人が補導された事件の通称である。


概要
事件の概要
死体の発見
昭和60年7月19日午後1時ころ、埼玉県草加市内の残土置場で、女性の死体が発見された。
現場は、東高校グランドの北東約250メートルのところにある。
田圃の一角を残土で高さ0・75メートル程度に埋め立てたもので、残土置場の大きさは約24メートル四方である。
3方を1・5メートル前後の雑草の生い茂る田圃に囲まれ、西側だけ砂利道の農道に接している。
付近は昼間でも人通りがまばらで、街灯等の設備は全くない。
死体は、残土置場の南東側斜面を下ったところで見つかった。死体周辺の雑草はほとんど踏み荒らされた状態が見られず、その場で被害者が争った形跡は認められず、強姦や殺害が行われたとは考えられない状況だった。
残土置場出入口の路上からはタイヤ痕 ・足跡が22個、残土置場から足跡8個が採取された。
死体は仰向けで、顔をやや右側に曲げた状態だった。スカートは腰まで捲り上げられ、両脚は肩幅程度に開き、パンティは両膝まで引き下ろされていた。上半身は裸だった。
首には、被害者が着用していたブラスリップが巻き付けて縛られていた。
顔から左肩にかけて、約30センチ四方、厚さ約6センチのコンクリート敷石が乗っており、その上に、被害者が着用していたシャツが丸めて乗せてあった。
両脚にはソックスをはいていたが、靴は履いておらず、右の靴は死体の左の残土上に、左の靴は残土置場中央付近に落ちていた。
スカートに血液型AB型の精液が付着していたが、他に着衣からは精液は検出されていない。
シャツの襟からは、血液型AB型の毛髪1本が発見された。
パンティとスカートからは人尿の付着が認められた。
膣・直腸・食道・胃・体表のどこからも精子・精液は検出されなかった(もっとも、司法解剖の際、酸性フォスファターゼ反応により精液が存在する可能性があるとされていた。
これが捜査を無用に混乱させた可能性はある。)。
処女膜は健在し、裂傷等の外傷もなく、被害者が生前性交をしたとは認められない。
肛門にも裂傷等の外傷等はなく、陰茎を無理矢理挿入した形跡はない(もっとも、実況見分時に警察官が、閉じていた肛門を不用意に開大してしまい、そのことを検察官に報告していなかった。これも捜査を無用に混乱させた可能性があるものである。)。
両乳房から、AB型の唾液が検出されている。
死因は、頚部圧迫による窒息死。頚部を圧迫されている状態がやや長く続いたものと考えられる。
顔面中央に赤褐色表皮剥奪・坐裂創、鼻骨及び鶏冠部の骨折が認められるが、頭蓋内や脳などに損傷はなく、これが死因とは考えられない。
これらはコンクリート敷石による受傷と考えられるが、この受傷の際は被害者はまだ生きていたものと認められる。
死亡時間は、7月19日午後9時20分において、死後1日内外と推定される。
被害者Vは、当時15歳で、八潮中学校に在学中だった。
小学校6年生ころから放浪癖があってたびたび家出し、一時教護院に入園したこともあった。
7月18日朝も母親と喧嘩して家出した。
同日午後1時ころ、しょぼくれた姿で街を歩いている姿を母親が見掛け、午後9時10分ころ、自宅近くの知人のアパートに行って、泊めて欲しいと頼んだことが判明しているが、その後の足取りは不明である。
逮捕された5人は少年審判で犯行を否認したが、浦和家庭裁判所は同年9月、5人を初等・中等少年院へ送致し、1人を児童相談所に送るという保護処分を出した。
少年らは抗告したが東京高等裁判所は抗告を棄却、最高裁判所も1989年7月に再抗告を棄却し、同処分が確定した。
被害者が死亡時に着用していたスカート後ろ側の裏部分6か所に付着していた(犯人のものと推定される)精液の血液型がAB型である一方、少年らの血液型はいずれもO型またはB型であり一致しない。
検察側は「被害者の血液(A型)と加害少年の血液(B型)が合わさってAB型の血液になった」と展開をしたことが「科学的根拠が全く無いオカルト的主張を展開した」とされたが、これは正確な認識とはいえない。
検察側の主張は正確には「A型物質とB型物質の反応の強さが違う事から、A型の細胞片とB型の唾液が混ざり、判定においてAB型と同様の結果が出た可能性がある」というものである。
血液とその他の体液では可能な血液型判定法が違っており、この事件においては凝集素吸収試験と凝集素解離試験が行われたが、この場合A型とB型の試料が混合しAB型と判定されることは理論的にはありうる。
後述の損害賠償請求訴訟における最高裁判決においても、A型とB型の試料が混合しAB型と判定される可能性は全くあり得ないことではないが「捜査官は体表面から試料を採取する際に体垢との混合を避けるように指導されており、試料も複数の箇所から採取している。
そのいずれもが判定結果に影響するほどの体垢を含んでいたという事は想定できず、本件においては血液型はAB型であったと認めるほかはない」という判断がなされ、検察側の主張していた内容は採用されていない。
その後、被害者の両親が上述の少年らの親権者を相手取り損害賠償を求めた民事訴訟では、1993年3月に浦和地裁で事実上の無罪判決(原告の請求棄却)、1994年11月に東京高裁で少年らの自白は信用できるとして事実上の有罪判決(原告の請求を一部認容)が下された。
そして、2000年2月に最高裁は自白の信用性を認めた高裁の判断には誤りがあるとして、被告の敗訴部分を破棄し、東京高裁に差し戻した。
差戻し審では、2002年10月、自白に秘密の暴露がないこと、本件においては血液型はAB型であったと認めるほかはないなどの理由から「少年らの犯罪を裏付けるに足りる証拠が無い」として、事実上の無罪判決(原告の請求棄却)が下された。
このように当該事件では、民事裁判によって刑事裁判とは異なる事実上の無罪判断が出るという異例の展開になった。
他方、少年らは一般の刑事裁判での再審請求に当たる「保護処分の取消し」を3度申し立てたが、既に保護処分は終了した(訴えの利益がない)ことなどを理由にいずれも退けられている。
なお、現在では、保護処分終了後にも保護処分の取消を行いうると少年法が改正されており(少年法27条の2第2項)、保護処分終了後でも保護処分取消の請求が可能である。
被害者の親は、『埼玉県警は何をしていたのか、直ちに再捜査し真犯人を一刻も早く捕まえて欲しい』と訴えたが、この事件は不可解な結論のまま、2000年7月19日に公訴時効を迎えている。
2009年4月19日放送のテレビ朝日『サンデープロジェクト』によると、本件の検察側の主任検事は、日本テレビ「行列のできる法律相談所」等で有名な住田裕子弁護士である。
テレビ局は住田への取材を試みたが、住田は守秘義務を理由に事実確認への回答を行わなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました