カエル少年事件

1990年代
1991年03月26日火曜日

カエル少年事件(カエルしょうねんじけん、朝鮮語: 개구리 소년 사건)は、大韓民国大邱広域市達西区に住んでいた5人の小学生が1991年3月26日に失踪した事件である。
華城連続殺人事件、イ・ヒョンホ誘拐殺人事件と合わせて、韓国三大未解決事件と称される。
事件直後から警察や軍を動員して捜索活動が行われたが、2002年に白骨死体として発見されるまで、全く捜査の糸口が掴めなかった事件であった。
「カエルを捕まえに行く」という最後の言葉が脚光を浴びたことから、失踪小学生は通称「カエル少年(개구리 소년)」と呼ばれている。


事件の概要
1991年3月26日、大邱の城西(ソンソ)国民学校(小学校)に通っていた5人は、「臥竜山に(実際にはカエルではなく)オオサンショウウオを捕まえに行く」と家を出たきり戻って来なかったため、親たちは失踪届を出した。
必死の捜索活動にも関わらず(失踪した子供の両親たちもビラを作って配布したりしながら捜索していた)失踪小学生の行方は杳として知れなかった。
韓国国民の関心も高く、1992年11月に『帰ってこいカエル少年(原題:돌아오라 개구리 소년)』という映画が製作されたりマスコミもこぞって取り上げるなど注目の高い事件となった。
事件発生から11年が経過した2002年9月に、失踪小学生のものと思われる5体の白骨死体が臥竜山で発見された。
検死の結果、道に迷っての遭難や転落などの事故ではなく、何者かにより殺害された事件であることが判明した。
遺体が発見された現場付近には軍の射撃場があったことから、軍の関与が疑われて捜査が開始されたが、既に11年という時間の経過もあり捜査はほとんど進展しないまま、2006年3月26日に時効が成立した。
2011年に、本事件を基にした『カエル少年失踪殺人事件(原題:아이들)』という映画が製作された

コメント

タイトルとURLをコピーしました