池袋通り魔殺人事件

1990年代
1999年9月8日水曜日

池袋通り魔殺人事件(いけぶくろとおりまさつじんじけん)は、1999年(平成11年)9月8日に発生した通り魔事件。


概要
1999年9月8日午前11時40分頃、東京都豊島区東池袋の東急ハンズ前で当時23歳の男Zが包丁と金槌で通行人を襲い、2人(66歳女性と29歳女性)を殺害し、6人に重軽傷を負わせた。
Zはサンシャインシティの地下通路からエスカレータで東急ハンズ正面入り口前に出た後、「ウォー!むかついた。ぶっ殺す」と大声で叫んだ。
まずサンシャインシティのエスカレーターをのぼってきた夫婦2人を包丁と金槌で襲い、66歳女性を殺害した。
次に東急ハンズ前に差し掛かった夫婦2人のうち29歳女性を包丁で刺し、殺害した。
Zは60階通りを池袋駅方向に走り、その途中で私立高校の1年生4人グループのうち3人を切りつけ、さらに2人に切りつけた。
その後、池袋東口ロータリーで、通行人に取り押さえられ、その場で現行犯逮捕された。
被告人の人生・犯行動機
Zは岡山県倉敷市に生まれ、両親、兄との4人で生活していた。
3歳で一家が引越しし、児島郡灘崎町(現:岡山市南区)で育った。
Zが小学校高学年の頃から、両親はギャンブルに溺れるようになった。
父が親の遺産を相続し、大金を手にしたのがその原因であった。
Zが中学生になると両親のギャンブル癖は悪化の一路を辿ったが、中学3年の時、勉強に打ち込んだ成果があって、進学校とされる高校に入学した。
しかし、両親のギャンブルは止むことはなく、ついには数千万円の借金を残して失踪。
残された彼の家には借金取りが連日のように押しかけてくるようになった。
兄は大学生として一人暮らしをしていたため、Z1人が借金取りの対応に迫られることになった。
経済的な困窮から、高校生活や夢見た大学への進学も破綻した。
以後、一時は兄の下へ身を寄せ、パチンコ屋で住み込みで働くようになった。
一時期、両親もZと兄の下へ帰参していたが、再び蒸発した。
その後は塗装会社、照明器具工場、自動車部品工場など、各地で職を転々とした。
この間、小学校時代同級生であったある女性に好意を抱き、彼女に対して執拗なアプローチを行い、ストーカーのような行為にまで走ることがあった。
日本での人生に絶望した彼は、1998年、新天地を求めてアメリカに短期渡航した。
ロサンゼルス・サンフランシスコ・ポートランドと向かったが、十分な滞在費がなく、途中で行き倒れて日本大使館に保護された。
就職先もなかったので、大使館の紹介で、現地のキリスト教会の牧師に事情を話し、教会の仕事を手伝うのと引き換えに衣食の面倒を見てもらっていたという。
逮捕後の取調べ時には、「この時期が人生で最も充実していた」と回想している。
しかし、こうした現地での生活も、ビザの失効と同時に終わった。
日本へ帰国後、Zはパスポートを破り捨てていたという。
その後は働きながらの大学への通学も考えたが、費用の面から頓挫。
犯行当時は都内の新聞販売店を辞めた直後だった。
犯行動機は「人生に絶望し、またどうしようもない環境的な不平等にイライラしたため」と供述している。
直接のきっかけは、事件直前に夜勤をしていた際、自分の携帯電話にかかってきた無言電話によるという。
犯行当日、殺人を予告するレポート用紙をアパートの自室の扉の外側に張りつけた。
本人の供述では、およそ「真面目な人がさらにさらに苦しむ一方で、遊んで楽をしていられる身分の人たちがいることに嫌気がさした」と言っていた。
1997年夏、Zは外務省や警察庁にあてて支離滅裂な内容の手紙を送りつけていた。
裁判
被告人Zは2002年1月18日、東京地方裁判所(大野市太郎裁判長)で死刑判決を受けた。
Zは判決を不服として控訴したが、2003年9月29日の東京高等裁判所(原田國男裁判長)判決で控訴は棄却された。
2007年4月19日には最高裁判所(第1小法廷・横尾和子裁判長)においても上告が棄却され、死刑判決が確定した。
現在
2020年(令和2年)現在、Zは死刑囚として、東京拘置所に収監されている。
2009年に再審請求を行い、2015年までに東京地裁・東京高裁にて棄却、2017年現在最高裁係属中。
その他
この事件の3週間後に下関通り魔殺人事件が発生した。同事件の死刑囚は公判の中で、「池袋の事件を意識した」と、池袋通り魔殺人事件の影響に言及した。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました