少年誘拐ホルマリン漬け事件

1957年04月02日火曜日

少年誘拐ホルマリン漬け事件(しょうねんゆうかいホルマリンづけじけん)とは、少年愛者によるバラバラ殺人事件。
加害者と被害者の双方の親が著名人という殺人事件である。


経緯
1957年(昭和32年)4月2日の夜、プロレスラーであった清美川梅之の長男A(12歳)が銭湯に行ったまま帰らず、その2日後、母親のところに次のような脅迫状が届く。
子どもを戻してもらいたかったら、午後4時までに東上線鶴ヶ島駅へ15万持って来い
母親はすぐに警察に通報。
脅迫状の指示通りの金を用意して鶴ヶ島駅に出向き、周囲には刑事が見張っていたが、Aも犯人も現れなかった。
やがてAの同級生から、銭湯からAが25歳前後の男性と一緒に出て行くのを目撃した証言が得られたが、容疑者の特定には至らなかった。
同月9日、都内の精神病院Sから警察にある患者に関する通報が入る。
その患者は日本棋院に所属する囲碁棋士(七段)である林有太郎の長男X(当時26歳)で、患者の中野区の家にバラバラにされてホルムアルデヒド水溶液(ホルマリン)漬けにされた遺体があるという情報だった。
警察がXの自宅に駆けつけてみると、遺体は行方不明のAであることが判明。Xは逮捕された。
理想の少年
Xは犯行以前から、銭湯やそろばん塾の帰りの少年を言葉巧みに誘い、わいせつな行為を行ったり、暴力を振るっていたりしていた。
また、飼いネコを殺してバラバラにして食すこともあった。
誘拐事件の数日前にXはAに声をかけていた。
Aは同級生に「さっき、僕の背中を流してくれたあの人(X)に、僕は殺されるかもしれない」と話していたことが判明している。
4月1日、Aを見かけて接近、翌日の2日、執拗に銭湯でAを家に誘い、家人を銭湯に追い出す。
自宅に二人きりとなり、XはAの服を脱がそうとしたが拒否されたため、殴って殺した。
XはAを殺害した後に遺体を2晩がかりで刃物でバラバラにすると、大型の金魚鉢など4つの容器にホルムアルデヒド水溶液(ホルマリン)漬けにして密閉して保存。
精神病院Sに入院するまで毎晩それらを取り出して眺めていた。
その間に、Aの家にいたずらとして身代金を要求する手紙を送った。
Xは詳細な日記『若松湯』を残していた。
ノートには「ついに捜し求めていた理想の少年を見つけた」「金魚鉢に入ったあの子は、見ても見ても飽きるということがない。
ホルマリン漬けになったあの子は生きているときより、いっそうかわいい」などと書いていた。
Xは精神鑑定を受けたが、責任能力が認められ1958年7月、懲役10年の判決を受け、控訴せず服役した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました