伊東市干物販売店強盗殺人事件

2012年12月19日水曜日

伊東市干物販売店強盗殺人事件(いとうしひものはんばいてんごうとうさつじんじけん)とは、2012年に静岡県伊東市で起きた強盗殺人事件である。


概要
2012年12月19日午前8時30分頃、静岡県伊東市八幡野の干物販売店「八八ひものセンター」で、同店社長の女性Aと従業員男性Bが遺体で発見された。
従業員が店内にあった大型の業務用冷凍庫の中で血を流して倒れているのを発見したことで発覚。
警察は、当日までの売り上げとつり銭の保管状況から、現金数十万円が奪われていると判断。
二人の死因は、刃物のようなもので首などを刺されたことによる出血性ショック死だと発表。
女性Aの手首に切り傷があったほか、男性Bの腹には刺し傷があった。
現場の状況から警察は、強盗殺人として捜査本部を立ち上げて捜査を開始した。
2013年6月4日、静岡県警伊東署捜査本部は、2009年5月から2010年10月頃までの約1年5カ月間の間に干物店で勤務していた元従業員の男性Cを強盗殺人容疑で逮捕する。
男性Aは、2011年7月から10月にかけて4回にわたり三島公共職業安定所伊東出張所から失業給付金をだまし取っている。
また、2013年2月と3月にかけて失業中を装ってハローワークに虚偽申請。
そのため、約39万円の失業給付金をだまし取ったとして詐欺容疑で静岡県警に2度にわたって逮捕。
その後、起訴されて、2013年6月3日に静岡地裁沼津支部で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けていた。
男性Cは、女性Aに対して失業保険のために「解雇したことにしてほしい」と迫るなどのトラブルとなっており、2011年6月には伊東署員がパトカーに乗って駆け付けるなどの騒ぎに発展していた。
2013年6月26日、静岡地検沼津支部は強盗殺人罪で男性Cを起訴した。
県警は、男性Cの所有物に被害者の血痕があり、2人が殺害されたとされる12月18日夜には干物販売店近くを走行していた男性Cの乗用車が目撃されているとしている。
逮捕後には、静岡県警刑事部の伊藤博文参事官と伊東署の渥美佳展署長は、犯行時刻について「司法解剖などの結果、店舗閉店後の午後5時から数時間」と話している。
男性Cは事業失敗やギャンブルによって数百万円の借金を抱えていたが、事件後に金融業者や親族に借金の一部を返還している。
また、社長Aに対しても数十万円の借金を抱えていたとされる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました