室蘭美人女子高生失踪事件

2000年代
2001年03月06日火曜日

室蘭美人女子高生失踪事件(むろらんびじんじょしこうせいしっそうじけん)は、2001年3月6日、 北海道室蘭市で北海道室蘭栄高等学校1年生(当時16歳)の千田麻未(ちだあさみ)さんが失踪した事件。
現在もなお未解決。


失踪者概要
千田麻未さん
性別:女性
年齢:16歳(当時)
学校:北海道室蘭栄高等学校1年生
身長:153cmくらい
体型:やせ型
頭髪:黒髪のストレート
服装:ベージュ色のブレザー、紺色のジーンズ、バーバリー製チェックのマフラー、緑色の革靴
バイト先:自宅近くの大型スーパー内のパン屋
成績は常にトップクラス
優しく明るい性格で、誰からも好かれていた
校内にファンクラブができるほどの美人
失踪当日の千田麻未さんの行動
正午過ぎ、「コーヒーの入れ方を習いに、アルバイト先のパン店(知利別町)に行く」と言い、自宅(白鳥台)を出る。
午後1時4分および午後1時26分、室蘭サティ(現・ポスフール室蘭、東町2丁目)の店内を歩く姿が防犯カメラに映っている。
午後1時30分頃、室蘭サティ前を歩いているところを同級生二人が目撃。
午後1時31分、「東町2丁目」バス停から道南バス・「中央町・工大循環線(外回り)」に乗ったと見られる。
午後1時40分、アルバイト先のパン店付近にある「東通り」バス停(知利別町1丁目)で降りたと見られる。
午後1時42分頃、PHSに連絡してきた友人に対して「今、下(『東通り』付近一帯の意味)に着いた」と話した。
午後1時46分頃、同じ友人が再度電話をかけた。
「今は話せないから後でね」と答え、すぐ電話を切る。
この交信はアルバイト先のパン店付近で行われていたことが判明している。
何が原因で「今は話せない状況」になったかは不明。
その後の足取りはわかっていない。
その他
行方不明直後、千田麻未さんが訪れる予定があったパン屋店長が何らかの事情を知るものとして注目を集めた。
店長は「約束した午後1時に店に現れず、午後1時30分まで待ったが、現れないので自宅に帰った」と証言した。
しかし、マスコミは店長が千田麻未さんの失踪に関与したことを疑い、行動を確認する社が出てきた。
結局、店長は風評被害を受けてしまい、支店を閉店せざるを得なくなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました