兵庫川西男性刺殺事件

2000年代
2002年05月23日木曜日

兵庫川西男性刺殺事件(ひょうごかわにしだんせいしさつじけん)とは2002年5月に発生した未解決殺人事件。
川西警察署は、川西市栄根2丁目における男性殺人事件として情報提供を呼び掛けている。


概要
2002年5月23日午後11時40分ごろ、兵庫県川西市栄根2丁目の産業道路で男性Aが白いバイクにまたがったまま、もたれるように倒れているのが発見された。
病院に運ばれるも、死亡。
男性の胸部には刺された跡があった。
その後の捜査で、血痕の跡などから、Aが刺されたのは発見場所から30メートルほど離れた個所だと特定され、胸部に鋭利な刃物で刺されたとされる。
Aが発見される4分前には、友人と別れており、その後に携帯電話で会話していたことが判明。
その際に、後ろからAに声をかけた人物がいるが、その人物は特定されていない。
また、争った跡はなく、財布が残されていたことなどから、金品目的の可能性は薄いとされている。
犯行時間が深夜ということもあり、有力な目撃証言もなく、捜査は難航している。
犯人像
現場近くで近所の人が「こら待て」といった複数の男の声、男性の叫び声やオートバイの発進音を聞いている。
小瀬秋雄さんはんらかのトラブルに巻き込まれた可能性も高い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました